末摘花

末摘花

 末摘花は源氏物語に登場する女性の中で、一番の不美人として表現される気の毒な人です。
 けれど、常陸宮の御姫様で、高貴な身分の人です。
 そして何と言っても毛皮の女王です。
 この言い方はちょっとヘンかもしれませんが、宮様の姫君なので、「女王」なんですし、父宮から持っておられるという超高級品の黒貂の毛皮・・つまりセーブルコートを持っておられる。
 黒貂のコートは古代日本にあって、高級な衣装で、「黒貂之裘」(こくちょうのきゅう)というと、大宮人の憧れだった。
 古代日本人も、奈良時代から盛んに輸入し、渤海や、あるいは蝦夷地のほうからまで買付していた可能性があるんですね。
 末摘花が、毛皮を着ているということから、奇抜な衣装として、奇怪?な容貌とあいまって、笑いものにしているのは、紫式部も人が悪いなあと思うわけですが、古風であり、変り者というのを、一昔前に流行った黒貂のコートというアイテムを持ってくることで、際立たせていると思います。
 で、この女王の毛皮はいったいどのようなスタイルだったのか・・・これについては、よくわからない・・・。
 なにしろ、平安時代の毛皮のコートが実在しているわけでもないし、絵画資料も残っていない・・。
 ですけれど、有名な話ですが、醍醐天皇の皇子重明親王が、この毛皮を8枚も重ね着していたという記事があるのですが、いくらなんでも、8枚も毛皮を重ねられるだろうか・・?
 八重の毛皮というような意味で、何枚も着ていたよという誇張の、8という数字かも知れないのですが、重ね着をすることがあったということですね。
 古代においては、黒貂之裘・・つまり裘(かわごろも)は、裾を引きずるような長いものと、丈の短いものがあったようなのですね。
 錦を裏地に使う・・あるいは内側に毛皮を貼るという二つの方法があるので、ちょっと、冗談に、内側に毛皮を貼った丈の短いものと、裏側を錦で裏打ちした丈の長いものとを重ねてみました。
 スタイルとしては、唐衣などのように裏地を折り返して着るというのがふさわしいような感じがしたので、袖丈も短めです。
 しかし、ある説で、源氏物語の頃は、典型的ないわゆる十二単の完成されたような大仰な衣装の時代の少し前で、まださほど袖幅や着物のボリュームも大きくなかったのではないか・・・というのを読んだ気がするのですが、ゆったりしたセーブルコートの二枚重ねをした末摘花さんをイメージしてみました。
スポンサーサイト
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる