海陵王

改良王

 本名は完顔迪古乃。完顔阿骨打の孫にあたり、金王朝の4代目の皇帝ということになっています。
 しかし、彼もまた金王室のカリギュラ的な人物として、とても「悪評」が高い。悪帝特集みたいなものをやれば、北方代表として必ずエントリーしそうですね。
 で、何が「悪い」のかというと、従兄弟にあたる三代目皇帝を殺し、反対派を大量粛清して帝位につき、帝位を脅かす親戚や、自分にとって目障りな連中を次々と死刑にし、殺した者たちの家族の女性達をすべて後宮にいれてもてあそんだ・・ということになっています(残忍、好色、奢侈は悪人の3条件ですね)。
 これは教科書のような「悪帝」そのもので、後には、彼を主人公にしたポルノ小説まで出来ました(読んだことがあるのだけれど、少しも覚えていないので、さほどたいしたことはなかったのか・・?)。
 彼は金の皇帝として、当然の野心を持っていて、江南でがんばっている南宋王朝を滅亡させ、天下統一を目指し、配下からは不評ながらも、ムチャな軍事行動を起こします。出陣中に本国で反乱が起こり、親族が新たに即位し、彼自身は陣中で部下の兵に殺されました。そして新帝によって、彼の即位は「なかったこと」にされ、帝としての称号も廃止、単なる王と呼ばれましたが、後に王号も廃され、庶人とされました。
 その一方で、中国的教養のある文化人であり、金国に中国的な制度を行い、国を整える努力をしていた人物・・という評もあるそうですが・・・。ある程度は、後の皇帝たちによる不当な貶めもあるかもしれませんが、それ相当の「悪いこと」もやったのは確かでしょうね。
 毛皮の縁取りのある帽子と、同じく白い毛皮の縁取りのあるマントを着た金の王族の絵がありましたので、それを参考にしてみました。帽子の横に垂らした毛皮の房が、なんかカッコいい。
2009-05-25
スポンサーサイト

李元昊(りげんこう)

りげんこう

 李元昊(りげんこう)は、初代西夏の皇帝。
 タングート系の家系ですが、唐王朝の時代に安禄山の乱の平定に功績があったということで、先祖が唐王朝の姓を賜ったことから、李氏を名乗るようになったそうです。
 父の後を継いで西平王となった時は30歳。北宋王朝の威信が衰えていたこともあって、西辺部族を併合し独立、大夏と称して(西夏というのはあくまで中国の呼び方)皇帝になります。
 この時期の彼の時代と地域を扱ったのが、有名な井上靖の「敦煌」です。これに登場する李元昊は、とても魅力的な人物で、捕虜部隊であるはずの漢人兵士までが、ふと「この人のために死んでもよい」と思うわせるような雰囲気を漂わせているということになっています。
 映画では、渡瀬恒彦がやっていましたが、主役の趙行徳(佐藤浩一)ともども、かなり違った角度で扱っていました。
 李元昊は、宋の制度を参考に、教育や文化事業にも力をいれた名君で、独特の西夏文字もこの時代に作られたものです。
 西夏の壁画など、絵画に描かれる人物は、顔の表現がふっくらとしていて、日本の平安時代の絵巻物のような穏やかな風貌が理想とされたようで、そのような雰囲気にあわせて、しもぶくれ顔で描いてみました。
2005-12-19

耶律阿保機

耶律安保機

昨日は、金の完顔阿骨打だったので、今日は遼の初代の太祖です。
 この名前も、「やりつあぽき」という音で、高校生には、まあ笑いのネタにされていたかもしれませんが、契丹の部族出身で、軍事的才能もみてくれもなかなかの偉丈夫であったらしい。
 下積みから部族統合をし、皇帝を称して契丹国をおこし、漢人なども登用して、漢文化も摂取。領土を拡張した。西方は突厥、東は渤海国まで統合したが、凱旋途路にて急死した。妃の述律氏が称制後、次男が後を継いだようです。なにやら日本古代の「中継ぎ天皇」に近いものがありませんか?
2005-07-04

完顔阿骨打



グナティウスロヨラに続いて、世界史の印象に残る名前シリーズ?第2弾!?といえば、この方でしょう。漢字もスラっと頭に入るほどの、字面の強烈さ。読み方も個性的で「わんやんあくだ」なんだこら?
 この方の登場で、なにやら北方民族はとってもワクワクする色合いを帯びました。
 女真族完顔部の族長(ほうほう!)。按出虎水(アルチョフ川)の出身(へえへえ。どこじゃこら?)。現在は黒竜江省・・ふんふん、なんだか知ってる(つもりの)世界に来たぞ、とようやく見えて?きた。
 遼の支配下に甘んじていた完顔部であったが、彼のもとで次第に勢力拡張し、女真族をまとめ、ついに独立して大金という国号をたて、皇帝を称します。そして、遼を宿敵とする中華本国の宋から、遼を攻めるための同盟を要請され、軍事力のへろへろな宋軍(時の宋の司令官は童貫。水滸伝ファンならへへへ・・でしょ)にかわって燕京(北京だ~!)攻略をしますが、部下たちの「このまま、いなおっちまいましょうぜ」という誘惑を退けて、宋との盟約を守って引渡し、現金で報酬を受け取ったとか、さすがに「大金」の皇帝だ?・・。
 2003年に彼の墓が発掘されたとか。
2005-07-03
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
pixiv
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる