真徳女王

真徳女王

新羅第28代の国王。長身の美人であったとされるこの人は、647年に即位。韓国の慶州観光で目玉の雁鴨池(アナプチ)の美しい宮廷庭園はこの時代に建設されました。
 大国唐からは「女の王では都合が悪かろうから、こちらでいいのを推薦しようか」などと恫喝され、宿敵百済は日本と組んで策謀を企てるし、国内では反乱がおこり、都の防衛線である半月城に非常避難する事態にまで至りましたが、名将金庾信、辣腕宰相金春秋を擁して、反乱を乗り切りました。
 この女王の後に金春秋が即位して武烈王。統一新羅の礎を築きます。日本では、皇極・斉明女帝の時代の真ん中の時期で、唐では高宗・・もうすぐ則天武后が登場。はからずも東アジアは女王の時代だったのです。
 唐では金春秋が弟(実は又従兄弟)だと思われていたようなので、年配であったかもしれませんが、絵に描く時は、若づくりいたしましょう。
2005-10-01
スポンサーサイト

金春秋

きん
元祖「ほほえみの貴公子」! おばさんたちは昨今のブームと関係なく、この1300年前の飛鳥の宮廷で、時の女帝や宮廷人たちを笑顔で魅了した人物をこそ「微笑みの貴公子」と呼びたい。元祖韓流なのです。紫の豪華な衣装に身を包んで、華麗な孔雀を連れた姿は「四天王寺ワッソ」でもひときは目立ちます。
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
pixiv
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる